将来に対するプログラマーの不安

会社勤めのプログラマーにとって大きな不安となるのが、スキルアップです。技術者として自分の技術に磨きをかけることは楽しいものです。けれども業界の現状としては、なかなか業務の中ではスキルアップができないものです。

その理由として、人材不足が挙げられます。どの会社も開発案件に割ける人材が少ないために、育成までは手が回らないのです。そしてプログラマーそれぞれのスキルを見極めた上で、与える仕事は限定されがちになります。それぞれが最も効率よく作業できるような仕事を割り振るので、なかなか新しい仕事を与えることができません。そのためにプログラマーは新しい技術に触れる機会がないのです。

そこで、自分で業務以外にスキルアップを図ることが求められます。休みの日を利用するなど工夫して、新しい技術を身につけることを求められます。さらに業界内ではプロジェクトの管理ができる人材も必要としています。そのためには、クライアントと折衝を行うためのコミュニケーション能力なども必要になります。

プログラミング技術の他に、ビジネススキルの向上も必要とされます。これも普段の業務の中で工夫しながら、自分で身につけるしかありません。全てが自主性を伴うものなので、それが身についていない人にとっては大きな不安を抱えることになります。どのように求められるスキルを身につければ良いのかがわからないからです。さらに自身のキャリア形成も自分で考えることを求められるので、将来に不安を覚えるのです。

Tags: