バイタリティーのある人は勉強で多忙

プログラマーを取り巻く開発環境は、日々進化しています。プログラミング言語自体も変化し、コンパイラなどの開発環境も定期的にバージョンアップが行われています。これまで動いていたソースコードが新しい開発環境でコンパイルしてみるとエラーが出て動作しなくなってしまうなんてこともよくあることではないでしょうか。今まで使えていた関数が突然使えなくなってしまうと、同等機能を他の関数でプログラミングし直さなければならず、大変な作業になってしまいます。

そんなシチュエーションの多くの場合は、新しい関数などが追加されていて、その関数について勉強しなければならないのです。このように、プログラマーは常に新しい環境について勉強し続けなければならず、スキルアップ活動を行い続けなければなりません。すると、本業の設計活動時間以外に、新しいプログラミング環境についての勉強をする時間を取らなくてはならず多忙になってしまいがちです。

こんな多忙な毎日にも耐えられるバイタリティーを持っている人がプログラマーに向いているといえるのではないでしょうか。どんな仕事も、一生勉強といわれてはいますが、この仕事の場合はその勉強内容がとても高度なことになってしまうのが大変ではあります。常に、最新動向に触れていられるように、プログラミング言語のデベロッパーの最新情報のメール配信サービスを利用するなど効率よく勉強を進めていくといいでしょう。

Tags: